インディーズ作品として異例の大ヒットを記録している映画『カメラを止めるな!』でヒロインを演じた秋山ゆずきが、10月14日放送のドラマ『科捜研の女スペシャル』(テレビ朝日系)にゲスト出演することがわかった。

『カメ止め』は6月23日にわずか2館からスタートするも、SNSを中心とした口コミで注目度が急上昇し、現在220館以上で公開中。興行収入16億円超えを達成している。

 秋山と聞いてピンとくる人は少ないだろうが、現在25歳の彼女の芸歴は、意外に長い。

「彼女は2008年に『橋本柚稀』名義でジュニアアイドルとしてデビュー。その後は、グラビアアイドルとして活動していました。12年に現在の名前に改名してからは、女優として舞台を中心に活動。アリスインプロジェクト『戦国降臨ガールズ』をはじめ、『舞台版まいっちんぐマチコ先生2~あらま学園東三番街の奇跡~』などに出演しています」(芸能ライター)

 今年最大の“出世魚女優”となりそうとあって、ネット上では秋山のグラドル時代の画像が拡散。それを見ると、当時はかなり攻めていたようだ。

「13年に発売されているDVD『ゆずゆず』では、『カメ止め』で見せたスレンダーボディーの全貌をたっぷりと堪能できます。セーラー服のシーンでは、四つんばいになった状態でスカートがめくれ、レースの白下着を披露。水着は際どいものばかりで、ピンクのワンピースはハイレグ角度が半端なく、その状態で片足を上げて股間を無防備にさらしています。ビキニはどれも布の面積が極小。浴室で着用した眼帯ビキニはマニアにはたまらないでしょう」(グラビア関係者)

『科捜研~』のほかにもオファーが殺到しているという秋山。このまま一気のブレークとなれば、グラドル時代のDVD価格もお宝化しそうだ。

『カメラを止めるな!』秋山ゆずきのグラドル時代の画像が拡散 DVDではハイレグ姿も|ニフティニュース












出会い系サイト人気ランキング