紗倉まな 赤ちゃん欲しがる中出し子作り淫語 ボクへの愛情を抑えられない家庭教師



発売日: 2017/12/21

品番: 1star855
















紗倉まなは、めちゃくちゃ可愛いかった。その上で、向き合うとちゃんと地に足がついていることも感じさせる。でも、ゼリー状のヴェールに包まれているかのように、うかつに触れられない、いや、触れちゃいけないと思わせるオーラも持つ。少し特別な24歳。そんな第一印象のもと、インタビューは始まった。

小説『最低。』で作家デビューしたセクシー女優・紗倉まな。この処女小説は映画化され、11月25日に公開となった。年に1000人以上がセクシー女優デビューしているが、その女の子たちは特殊な存在ではなく、それぞれに普通の日常がある。紗倉まなは、「そこを描きたかった」と、映画『最低。』が上映された東京国際映画祭の記者会見で語った。作家デビューするからには、書くことが得意だったかと問うとそんなことはないとさらりと答える。

「私、承認欲求が人一倍強いんだと思うんです」

紗倉まな(以後、紗倉):「専属契約している会社の元社長だった高橋がなりさんに、最初、“文がめちゃくちゃ。笑っちゃうくらい下手だ”と叱咤激励していただきまして(笑)。まず文を書くことに慣れることが大事で、勢いで書くのではなく、どう読ませるかを考えなきゃダメなんだなとアドバイスいただいたことが原動力になっています」

https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/dmenueiga_1093626



出会い系サイト人気ランキング