日曜日ディズニーデート援募集してます!
交通費+ディズニーチケ代+ディズニーでの食事、お土産代
でお願いします

デート援なのであくまでもデートを楽しむ事が目的で、性行為は無しで
イチャイチャはもちろんOK

#デート援
#デート円
#援
#円
#ディズニーデート援






「アイツ(ダッシュ男)のせいで、客がつかなくなったんですよ。せっかく今まで電車内で楽しみながらお小遣い稼ぎをしてたのに…」

 そう語るのは都内在住の“痴漢好き女性”ミカさん(仮名・28才・職業非公表)だ。

 彼女が憤る理由はいかに――。

「痴漢プレイ」に応募する男性が激減

「ウチらは、“痴漢プレイワリキリ(※援助交際のこと)”をしてました。出会い系サイト“W”とかツイッターで募集をかけて、実際の埼京線内で痴漢プレイをして、千円とか2千円程度をもらう遊びです」

 ウチら、とは彼女曰く変態遊び仲間の女性たちを指すという。

「もともとハプバーとか、『露出狂の隠れ家』っていうサイトとかでエッチな遊びをするのが大好きでした。そこで知りあった女の子4、5人で、この痴漢プレイワリキリを思いついたんです。だからお金よりも興奮がメイン。いちおうお金を要求しておけば、変な人はあまり来ないから安心かなって思って始めました」

 ミカさんのグループは以下のような文言で、割り切り相手を不定期で募集している。

<今晩最強新1900で遊べる人いる? ちょっとだけおひねりくれると嬉しいけど>

 なにやら暗号めいた募集だが、『最強』は埼京線を意味し、『新』は新宿駅、『1900』は19時発の下り電車を表しているという。背格好や髪型などを伝えて、先頭車両に乗り込んで、痴漢をされる。お金の受け渡しは痴漢の最中にカバンに入れてもらうのが基本スタイルなのだとか。毎晩行っているわけではなく、気が向いたときに募集をかけて、新宿~赤羽間を10往復程度して帰るのだという。

 だがそんなエクスタシーと財布を充たす遊びも、件の「ダッシュ事件」以来、不調が続いているという。

「あの事件の晩も募集をかけてたんですけど、全然メールが届かなかった。翌日も同じで。たぶん皆、ダッシュ男のニュースでビビっちゃったんでしょうね。男の人からしたら、ウチらが本当にメールをやりとりする相手だなんて確証はないだろうから。『万が一、別の女の子』だったら…って二の足を踏むんだと思います」

 社会的にそれなりのインパクトをもたらした事件が変態遊び市場の冷え込みをもたらしたということか。

埼京線で痴漢させて一回1000円稼ぐ28歳援交女子、“線路ダッシュ男”報道による不景気を嘆く | 日刊SPA!












出会い系サイト人気ランキング