おっぱいかく戦えり 地上波最後のおっぱいを探せ 1/2
http://blogos.com/article/228312/


※長文につき冒頭のみ。
全文はリン先を参照のこと


 1990年代当時、私は南太平洋の小国・フィジーに家族と住んでいた。その頃のフィジーはまだテレビ放送すら存在せず、
無論まだインターネットもない。唯一の日本の情報源は、大使館から駐在日本人の間を回りに回って回覧された挙句、
ボロボロになった日本の新聞で、当時中学生だった自分の手元に届くのはだいたい発行から1年も経った後だった。


おっぱいOKの日本のテレビ番組は海外で大人気だった


 毎週ジャンプの発売と、ドラゴンボールZのテレビ放送を楽しみにしていた日本の少年が、ある日を境にそんな境遇に置かれてしまったことを思いやってか、
時折、日本に住む祖父がテレビ番組を撮りためたVHSをフィジーまで送ってきてくれた。それをビデオにセットして再生すると、
自宅の隣にある部落から部族たちがいつの間にか集まってきて、私の同時通訳で鑑賞会が始まる。
やはり、人が転んだり爆発したりするのは人類共通の笑いのようで、『お笑いウルトラクイズ』のウケが一番良かったことを今でも覚えている。

 私はそのVHSを部族のみならず、クラスメイトの韓国人やアメリカ人たちにもよく見せていた。
すると、特に「おっぱい」について絶賛された。当時の日本のテレビ番組は『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』や『バカ殿様』など、
志村けんについていけばだいたいおっぱいが見られたものだが、韓国やアメリカのテレビではおっぱいはNGらしく、

韓国人「我が国は保守的でここまで開放的ではない。だから日本がうらやましい!」
アメリカ人「おっぱいは有料チャンネルじゃないと見られない。制限がない日本がうらやましい!」

 といった感想が寄せられた。90年代の日本はニンテンドーやウォークマンなど、
世界中の中学生にとってまさに黄金の国であり、おっぱいを前に驚く彼らに対して私は、

「見たか、これがライジングサンの表現の自由よ! いつか君らの国のテレビでもおっぱいが解禁になるだろう、はははは!」

 と非常に勝ち誇っていた。そして、今後ますます日本のテレビはより過激に、より自由になっていくのだろうと思っていた……

が、そうならなかった。

社会が成熟して細かく整備されていくうちに、地上波テレビからはおっぱいが消え、
今やスカパーなどでしか見られなくなった。アメリカの後追いになってしまったのだ。





* 2012年1月7日:テレ東『湯けむりスナイパー お正月スペシャル2012』と、テレ朝『特命係長 只野仁 ファイナル 第二夜』の2番組で、最後の丸出しおっぱいの乱勃発(東京の地上波でお色気おっぱい絶滅)。

* 2012年9月12日:テレビ大阪『ガチバラ! こちら温泉DVD制作会社』で田原総一朗が特攻、玉砕(全地上波お色気おっぱい全滅)。

* 2013年6月16日:TBS『健康カプセル! ゲンキの時間』での乳がん検診紹介で、最後の医療用おっぱい確認(日本人おっぱい完全消滅)。

* 2013年8月2日:毎日放送『世界の日本人妻は見た!』で、フランスのヌーディストにスタンプ(先進国おっぱいNG)。

* 2015年9月17日:TBS『クレイジージャーニー』で、日本人女性のおっぱいだけをモザイク処理。部族は放置(先進国NG基準再確認)。

* 2016年7月21日:NHK『地球でイチバンの海の楽園と神秘の島』再放送で、普段はチチバンドをしているヤップ島民のおっぱいを放送。

* 2017年1月13日:テレ東『午後のロードショー』で、白人おっぱいを「しじみ習慣」で隠蔽(武田久美子かよ!)。

* 2017年3月4日:アナ雪テレビ初放送の裏で、TBS『世界ふしぎ発見』とテレ東『出没! アド街ック天国』が先進国NG基準を継続。



テレビ大阪『ガチバラ! こちら温泉DVD制作会社』


















出会い系サイト人気ランキング