こんにちは、超高級ソープに勤めている茅原まおみです。
(略)
最近、めっきり暖かくなってきましたね。段々マット日和が近付いてきてるんじゃないですか!?
こんなお日和が続くなら、冬の間は寒くて敬遠してたマットプレイもいちゃいちゃヌルヌル楽しめそうですね!

でも、マットプレイが増えると聞いて私が心配しちゃうのは、「貴方のマットマナーって、我流じゃないですか?」ということ。
実は、女の子主導のマットプレイも「やりにくいなあ、もっとこうしてほしいなあ」と思うことがあるんです。
お客様の心得違いで、せっかくのヌルヌル天国の気持ちよさが提供できなかったら、女の子のほうもすごく残念なんですよ。

というわけで、本日はマットプレイの心得についてお話ししようと思います。
マットは未経験の貴方も、そんなこと聞くまでもないよと思った貴方も、実際に突撃する前にここでしっかりおさらいしておきましょう!

【まおみが教えるマットの心得】

一、マットには足元または横側から手をついて入り、中央にうつ伏せに
基本中の基本です。
マットには手をついてそっと乗りましょう。

マットの上に毎日乗っているソープ嬢でもしないのに、不慣れなお客様がローションヌルヌルのマットに不用意に足を踏み入れるのは、大変危険です。
女の子でも危険なので普通は膝から乗りますが、普通に歩いて乗ってくるお客様がそれなりにいるので困りものです。

ソープで転んで大怪我、なんて失態を犯さないためにも、マットには必ず手をついて膝から上がりましょう。

一、枕の下の溝に乳首がオススメ位置! 手の位置はバンザイで
さあ、マットに乗りました。
皆様はどの位置にどう横たわりますか?

結論から言うと、私のオススメ位置は、頭側の枕の下の溝に乳首がくる位置、少し枕に大きめに乗るくらいの按配です。
というのも、この位置じゃないと、それより上、または下では乳首責めができません。
女の子が乳首責めがしたくてたまらないわけではありませんが、そうは言っても、ルーティンとして常に乳首を舐めるなり触るなりする動きが体に染み付いています。
乳首を触れないと、女の子は「乳首触ってあげられないけど、いいのかなあ…」とモヤモヤすることになります。
貴方がもし乳首がお嫌いでなければ、開けておくのが無難でしょう。

また、腕の位置は枕に完全に上げたバンザイポーズが基本です。
たまに腕を下ろして枕の下の溝に沿わせていたり、体側に沿わせて気をつけの状態のお客様がいらっしゃるんですよね。
女の子の邪魔になるので、溝と体側は必ず空けておいてください!

マットプレイ中、女の子はどうしてあんなに滑らかに動いていられるんでしょう。
それは、頭側と足側の枕の下にある溝に手や足をかけて移動しているからなんです。
お客様のアングルからは見にくく、あまり知られていないようなので、塞いでしまう方がいても不思議じゃないですよね。

体側については、女の子がヌルヌルするので、空けておいた方が貴方がいい気持ちになれると思います♪
マッサージを受けるような気持ちで、ゆったりと腕を上げておきましょう。

http://www.menscyzo.com/2017/03/post_13826.html










一、マット中はモゾモゾしない! 力まない! 女の子の技に身を任せて♪
いざマットプレイを始めると、落ち着かないのか、くすぐったいのか、モゾモゾモゾモゾ小刻みに動いている方がいます。
うーん、邪魔♪

気持ちは分からなくもないですが、できるだけじっとしていてください。
もしくすぐったければ、その旨伝えると、上手な女の子なら加減してくれると思いますよ。

お客様のよくある邪魔な動きといえば、力んで膝が曲がって、カエルの解剖標本みたいなガニ股ポーズになってくる、というのもあります。
女の子は、お客様の体側に沿ってマットの上を縦に滑って動くことが多いですよね?
膝を曲げられちゃうと、そこから下にはまっすぐ滑れないので、密着できないか、動きがかなり制限されます。

マット中は力まない!
脱力しておいてください。

また、マット中だというのに、横になった状態から体をよじって女の子を触りに来る方がいます。
マットの上でうつ伏せになってるけど、滑ってるヌルヌルテカテカの女の子を見たい!おマ×コ触りたい!ってことですよね。
だ・か・ら、マット中はじっとしてろ!

一、ひっくり返るタイミングは、女の子の指示を聞いてから
マット中に、女の子からお客様に声をかけることがあります。
寒くないかの確認だったり、位置の修正だったり、内容はその時々です。

しかし、ここでこちらが何も言っていないのに、声をかけた途端、よしきたとばかりにひっくり返るお客様が結構いらっしゃるんですよね。
私の場合だと、手の指を壺洗いすることが多いので、枕の上バンザイで上げている手をマットに下ろそうとすると、腕に触れた途端突然グルンとひっくり返って 、ということもあります。

いえ、別にいいんですけど、女の子が意図しないところでひっくり返ることで、プログラムが省略される部分はあるでしょうし。
女の子だって、ひとりでちょっと残念な気分になるかもしれません。
となれば、お客様は、知らないところでちょっとだけ損していることになるのかもしれません。

姿勢を変えてほしいときには、女の子からその旨、声をかけると思います。
「じゃあ、仰向けになりましょうか」などと優しく声をかけられてから姿勢を変えても、まったく遅くないんですよ。



一、仰向けでも女の子には触らないで
仰向けになったら、視界にはヌルヌルで汗まみれの女の子が入って来ると思います。
見えてしまったせいか、ここでもやはり、無理に手を伸ばして女の子を攻めようとするお客様がいらっしゃいます。

騎乗位や近くにあるときにおっぱいを触るくらいなら大丈夫、それ以上のお触りはやめておきましょう。
触っていいときには、女の子の方から誘導があると思うので、そのタイミングを待つのが無難ですね。

一、フィニッシュは我慢せずに
いよいよピストン運動に移って、いざ発射!…というときに、出るのを我慢しちゃうことってありませんか?
今出したらもったいない!って思っちゃうみたいです。

ダメダメ、嬢の立場から言えば、出さない方がもったいないですよ!
ここで我慢しちゃうと、その後もイマイチ勃ちが悪くて、結局イケず終い…なーんて残念な思いをした方もひとりやふたりじゃないはずです。

気持ちいいときには、出しちゃうに限る!我慢したっていいことなんにもないですよ。
回数できないから温存したいという方は、出そうになる前にキリのいいところでやめますので、できればプレイ前に申告してください。

これだけ押さえておけば、間違いなく、基本のマットプレイをたっぷり楽しめますね♪



出会い系サイト人気ランキング