10月21日スタートの連ドラ『女はそれを許さない』(TBS)で初の弁護士役に挑む“深キョン”こと深田恭子(31)。
 「過去のトラウマから弁護士を続けることを諦めかけた役柄です。寺島しのぶ扮する、強引な手法を使って
弁護士会を追われ、弁護士活動ができなくなったアラフォー女性とタッグを組み活躍するヒューマンドラマです」(ドラマスタッフ)

(中略)

 そんな深田は月刊誌『GOETHE(ゲーテ)』(幻冬舎)10月号で表紙のモデルを務めているのだが、これが“超エロい”と話題になっている。
 「表紙に誌名がなければ、まるで“人妻AVパッケージ”です。これを見ただけでも“抜け”ます。エロいなんてもんじゃありません」(芸能記者)

 同誌10月号の目玉は秘書特集。
 というわけで、表紙は書類を床に落としてしまった深田がミニスカートからムッチリとした太ももを露わにしながら拾いつつ、
通りかかった役員(もしくは読者を想定した社員)に、
 「あっ、見られちゃった。どうしよう」
 と、こちらを見つめている構図になっている。
 「中にもセクシーショットが掲載されているんだけど、構図が表紙よりもエロくて、ここでも一発は間違いなく抜けちゃいます。
表紙の続きみたいなイメージで、深キョンが右手をついてフロアに横向きで女すわりをして、こっちを見ているんです。
しかも、ヒザが割れているから、太ももどころか、もう少しで“奧の院”まで見えそうな勢いなんです。こんな秘書がいたら、男はタマらん。
別の意味で“ヤル気”にさせる秘書ですね。ま、仕事にはならないと思いますけど。30歳を過ぎて、また一段といい女になったと思います」(芸能レポーター)

 弁護士より秘書がエロい。

http://wjn.jp/article/detail/2822016/